________________________

ABOUT US

慶應義塾体育会器械体操部は、日本で最も古い体操部 です。私たちは、文武両道を体現すべく、多くの方々に支えていただきながら日々の練習に励んでいます。ここで得られる「人との繋がり」が4年間で終わることは決してありません。一生涯の友という「宝物」となっていきます。

________________________

仲間

▶︎

多様性のある部

当部活では、器械体操とトランポリン、更に大学生と高校生が一緒に練習を行っています。違う視点からのアドバイスを得ることで、自分の視野を広げることができます。年齢や種目は違えど、お互いに応援、刺激し合いながら日々の練習に励んでいます。

雰囲気の良さ

上下関係や礼儀はありますが、先輩後輩の仲はとても良く、アットホームな雰囲気の中で活動しています。専属のコーチや来てくださる先輩方にご指導をいただきつつ、「学生主体」で練習を進めています。

環境

▶︎

日本屈指の素晴らしい練習施設

2009年11月に完成した蝮谷体育館には、器械体操の全種目の器具、広大なピットエリア、タンブリングトランポリン、また競技用トランポリン4台などが常設されています。空調設備や最新器具も設置されている日本最高峰の施設です。

歴史

▶︎

日本最古の体操部

1902年に創部され、今年で118周年を迎えました。日本最古の体操チームであり、オリンピック金メダリストも輩出した伝統ある部です。2009年に完成した蝮谷体育館で現在も活動を続けています。多くの先輩方の支えのもと、器械体操トランポリン共に日々練習に励み、成長を続けています。