競技の難しさ

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、商学部2年の永野祐里です。そろそろ大学生である私たちの夏休みも終わりに近づき、秋学期が始まろうとしていますが、新学期に適応していけるよう体調管理には十分に気をつけていきたいところです。

この夏休み、私は入部してから初めて大会に出させていただきました。応援・サポートして頂いた方々に御礼申し上げます。大会を通して一番実感したことは、トランポリン競技の難しさです。
私は中高時代、硬式テニス部に所属しており、時々大会に出場させていただいていました。勿論テニスの大会でも緊張はしますが、試合中一度失敗してもやり直すことができます。また、私が得意としていたダブルスでは、試合中調子が悪くなったり戦略に不安が生じたりすると、ペアの子と相談することもできました。しかし、トランポリンの大会では、チャンスは一度しかありません。また、本番になると自分一人でやり切らねばなりません。当たり前のことですが、他競技をやっていた私は、頭では分かっていても、未経験であったため本質的には分かっていなかったのだと思います。
全日本インカレでは初出場であったにも関わらず、緊張に飲まれることなくほとんど練習どおり通し切ることができました。しかし、数週間後の東日本選手権では、全日本インカレでは低かった演技点を上げることを目標として臨んだにも関わらず、大会独特の緊張感からか、いつもはミスをしない箇所でミスをしてしまい、中断となってしまいました。この二大会を通して、トランポリンの難しさを改めて実感しました。
これから様々な大会に出場させていただく機会が増えると思います。そうした大会で良い演技ができるよう今回の大会の反省を練習に活かしていきたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

拙い文章となりましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

感謝

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、商学部2年の佐伯雅斗です。

まだまだ暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はもうすぐ20歳になるということもあり、将来について考えることが増えてまいりました。

さて、本日は改めて今自分がいる環境に感謝をしようと思います。現在私は慶應義塾大学商学部の学生であり、慶應義塾体育会器械体操部の部員であります。私が慶應義塾大学に通えているのはここまで育ててくれた両親のおかげであり、とても感謝しています。そして、器械体操部ではとても恵まれた練習環境の中で、選手のサポートをさせていただいております。私がこのような環境に入れることは決して当たり前のことではなく、たくさんの方々の支えがあってこそであります。器械体操部の120年という長い歴史をつないできた多くの先輩方、選手を指導してくださる先生方、器械体操部の活動にご理解を頂いている保護者の皆様、本当にありがとうございます。私はまだ入部して1年もたっていませんが、その中でも試合や行事などを通して器械体操部がどれほど多くの方に支えられているのかを実感いたしました。少しでも支えてくださる皆様に還元できるよう努力してまいりますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

収斂と進化とアバンギャルド

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、商学部2年の浦口優です。
私は先日、電動自転車を借りて海沿いを走る機会がありました。私は普段最寄り駅まで自転車で通学しているのですが、いつものような恣意的な人工物が建ち並ぶ道とは違い、見渡す限りの水平線を堪能しながら駆ける海沿いは非常に爽快でした。そのような経験をした直後のいつもの帰り道は、何故か新鮮に感じました。皆様も日常に飽きてきましたら、いつもとちょっとだけ変わったことをしてみてはいかがでしょうか。

先月、年に一度の舞台である、全日本インカレが終わりました。私個人としては、ミスもあり、特に跳馬は夢に出てくるほど悔しさを感じていますが、案外清々しい心持ちで終えることができました。

そして現在は、久永先生考案の基礎練習を週に3回のペースで行っています。正直なかなかにハードな内容で、最初は練習後にフロアに上から一歩も動けなくなるのに加えて、翌朝起床したと同時に筋肉痛に絶望するなど先が思いやられる状況でした。しかし、不思議なもので1週間も継続すれば少し慣れてきて、練習後の疲労感はまだあるものの、筋肉痛に悩むことは無くなりました。私はこの練習を、体操選手として上位層に追いつくために最低限の基礎能力をつけるための練習と認識しています。トップ層の選手が出来て当たり前でも私達には難しいことは多々あります。これから上位を目指す上で、この練習を何食わぬ顔でこなせるようになってようやくスタートラインに立てるといった感じでしょう。また、そこから如何に自分に適した体操を創り上げていけるかも重要だと感じます。要するに、土台としての基礎能力は皆共通で必須ですが、そこから先は自分自身で付加価値をつけていかなければならないというように考えています。
私は現在のオフシーズンで土台を組み、来年どのような体操ができているかを想像するととても楽しみです。取り敢えず当面、頭を十分に使いながら基礎練習に励んでいきたいと思います。

取り留めのない文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

ストレスの主観的、客観的評価とベストコンディションへの施策

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、環境情報学部2年の上田乃維です。夏も終盤に差し掛かり、日に日に過ごしやすい気温となってまいりました。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

夏休みに入ってからというもの、試合に出場する機会が格段と多くなり、さまざまな経験を積んでいく中で、私は試合前の緊張のコントロールの出来具合に波があるように感じました。そこで本日は試合前の選手の心理状態について、主観的な意見と客観的な評価をもとに、どのようにストレスをコントロールすべきかを考察したいと思います。
はじめに、心理状態の主観的な評価に関して、試合直前の選手にはさまざまなプレッシャーや不安感が襲いかかり、選手が抱えるストレスが増加するということは容易に想像できます。トランポリンの試合に限らず、人生のさまざまな場面で緊張する瞬間があると思いますが、その瞬間のストレスは普段の生活の水準から大きく増加している状態であるということに関して疑問を抱く人は少ないでしょう。試合直前の心理状態の変動については大きく個人差があり、人それぞれの主観的な評価にはブレがあるように感じます。そこで次に、試合前などの緊張状態に心理的なストレスがどのように変化するのかを客観的に見たデータをもとに考察したいと思います。心理状態の客観的な評価については、先日読んだ論文の『国際試合におけるストレスが日本代表トランポリン競技選手の唾液バイオマーカーとコンディションに及ぼす影響*1』より、試合直前の選手には、唾液内のコルチゾール濃度の増加やSIgA(secretory immunoglobulin A)の変化が見られることから、ストレス値の増加が見られる傾向にあることが報告されています。個人差があると考えられるストレスのかかり方も、このようにストレス値を定量化することである程度の傾向が見られることがありますが、この研究のなかでも、決勝に進出できた選手と進出できなかった選手の間には、決勝に進出できた選手の方が、唾液中のコルチゾールの濃度に見られる変化が少なかったことが述べられています。繊細な身体のコントロールが求められるトランポリン競技において、ストレス値の変化と大会での結果の間に一定の関係が見られたことは、大きな証拠の裏付けであるように感じました。
これらのストレスに対する主観的、客観的評価からどのような施策が自らのストレスのコントロールに合っているのかを考えたところ、緊張感をなくす、ストレス値の変化量をなくすという類の対処法は理想論に近く、実現の可能性は低いと感じました。そこで、大会ごとの自分へのストレスのかかり方の傾向を把握した上で、どのような練習やアップの過ごし方をすればいいのかを数パターン試した上で、ベストコンディションを出すことのできるルーティンを作るということが、一つの有効的な対策であるように感じました。自分が結果を出したいと考えている大会から逆算して、これからの大会の意味を熟慮した上で大会に臨んでいきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

参考文献
国際試合におけるストレスが日本代表トランポリン競技選手の唾液バイオマーカーとコンディションに及ぼす影響*1
https://cir.nii.ac.jp/crid/1520291856305429632

リーダーの在り方

皆様こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部政治学科2年の伊保内啓佑です。もう夏休みも半分が終わったと考えると焦燥感に駆られますが、残りの1ヶ月も充実した日々を送れるように努めて参ります。

先日は全日本インカレの応援ありがとうございました。春先の怪我が尾を引き、思うような演技はできませんでしたが、私自身、引いてはチームにとって非常に有意義な試合となりました。自分の立てた計画に沿って、また一から自分の体操と向き合おうと思います。

本題に入ります。夏休みに入ってから時間を有意義に使おうと思い、今後のためにリーダーシップについて軽く勉強しましたので、こちらについて共有させていただこうと思います。
まず『ビジョナリーカンパニー』著者のジム・コリンズ氏によれば、優れたリーダーになるためには、「ビジョンを提示しそれをやり抜く力」が必須だそうです。つまり、リーダー自身が前進し続けられる人間でなければなりません。これはトップとしての「責務」であり、努力目標ではないそうです。
その上で心理学者のダニエル・ゴールマン氏によれば、それぞれのリーダーは6つのタイプに分けられます。

1.ビジョン型リーダーシップ:リーダーが夢を持ち、その夢に向かってメンバーを動かすスタイル。こちらのデメリットは共感しないメンバーはついていけないという点ですが、強い原動力を持つというメリットがあります。
2.コーチング型リーダーシップ:自分のやり方を押し付けるのではなく、各メンバーの性格や能力に基づいて彼らが目標を達成できるように支援するスタイル。こちらは短期的には効果は出ないものの、長期的にメンバーの強みが強化でき、主体性を育めるというメリットがあります。
3.民主主義型リーダーシップ:常にメンバーの同意を得ながら意思決定していくスタイル。こちらは多数が納得した状態で物事が進められますが、決定に時間がかかる上に分権的すぎてしまうことがあります。
4.親和型リーダーシップ:メンバーと調和し、感情的なつながりを作ることに焦点を当て、友好関係を築きながら進めていくスタイル。こちらは建設的なフィードバックが可能になりメンバーの士気向上に繋がりますが、ダラけた雰囲気になってしまうという危険性もあります。
5.ペースセッター型リーダーシップ:リーダーが行動を高い基準で示し、その基準をメンバーに求めるという、自らやってみせるスタイル。こちらはリーダーの求める基準にメンバーが萎縮して危険は伴うものの、メンバーの士気が高い状態にあれば高い成果が得られるという可能性を秘めています。
6.指示命令型リーダーシップ:リーダーが細部まで指示命令し、メンバーがそれに従うスタイル。こちらは短期的には物事が上手く進みますが、メンバーがいつまでも自立しないというデメリットもあります。

ゴールマン氏は以上6つのタイプのリーダーシップを提唱しています。しかし、成果を出しているリーダーは特定のリーダーシップスタイルに依存しているわけではなく、その時の状況に応じて絶えずリーダーシップスタイルを使い分けていると言います。

確かに、私が尊敬してやまない前ヘッドコーチ首藤聡史先生を思い返してみると、強いビジョンを持ち、自分のやり方を押し付けるわけではないが、背中で見せ、部員と調和し、時には細かい指示を出してくださるような素晴らしいリーダーであると感じました。

では我々に今必要なリーダーとはどんな人物なのか。それは改めて考える必要があるということが、今回の全日本インカレではっきりしました。我々で今一度熟慮し、学生主体で動いていけるようになっていく必要があります。私だけでなく、メンバー全員でそのリーダー像を作っていければと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。



オンとオフ

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、理工学部システムデザイン工学科3年の井上万由です。

今週に入ってようやく秋の訪れを感じられる日が増えて参りました。夜の冷房もようやくつけずに寝られるようになりました。とはいえ日中はまだまだ暑い日もありますので皆様も体調にはくれぐれもご自愛ください。

近頃私は、オンとオフの切り替えることの難しさを感じるようになりました。もっと言うと、オフの作り方です。

マネージャーの仕事の多くは自分だけでできるものではなく、沢山の人に助けていただきながら行っております。それゆえに多くの人と連絡を取り合う必要があり、それは体育館にいる時間だけでできるものではありません。LINEやメールのやりとりはいつどこにいても降りかかってくるものです。この点において、携帯というのは便利なもので、どんな場所にいようと連絡を確認することができます。

しかし、この便利さに対して私は若干の窮屈さを感じることがあります。最近はオフの日に友人などと過ごしていても、携帯の通知が来ると何か仕事をしなくてはならないのではないかという切迫感に追われてしまい、純粋にオフを楽しむことができなくなってしまいました。携帯は今日外に出るのに不可欠なものである以上しかたのないことですが、自分の性に合っていないなとは思ってしまいます。

これを打破すべく、この長期オフでは意識的に携帯を使わない時間を増やし、代わりにオフであってもあえて必ず連絡を取り続ける時間を設けるなど、自分が蝕まれることがないように過ごしてみました。携帯の速度制限が来てしまったことも味方につけ、オフの時間を満喫することができました。これからも定期的にデジタルデトックスをしていきたいですね。

以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

役目

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科3年の泉颯真です。

9月に入ってもなお厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。私は全日本インカレ後の解散期間で、祖父母の家に行きました。自宅と祖父母の家は頻繁に会える距離にないため、毎回会える機会に感謝をしているのですが、今年の初めに祖父が手術をしたこともあり、人と会う機会というものをもっと大事にしようと改めて感じている今日この頃です。

さて、先日行われた全日本インカレも無事に終わり、わたくしの現役生活も残り1年となったわけですが、今回はこの残された1年の心持ちを少し綴ろうと思います。

その心持ちとは、「頼めることは頼む」ということです。例を挙げると、まず、器械体操部では学年ごとに役割があり、それに応じてそれぞれの仕事があります。そして、仮に大学1年生の仕事があったときに、それを頼むのを怠って自分でやってしまう、といったことをやめるということです。正直なことを言うと、特に雑務などは気づいた時点で自分で片付けてしまった方が楽です。しかし、それでは雑務をやる学年の人のためになりません。各々が学年の役割を果たし、次の代の人に教える、このようなサイクルが部活の秩序維持には大切なのです。そして、頼み事をするときには、頼む側が信頼されていないといけないと思っています。要するに、「なぜあなたに頼まれなきゃいけないのか」と思われてしまうような言動をしていては良くないということです。

最高学年になる身として、頼めることは頼むということは、今まで以上に重要になってくると思います。仕事を勝手に自分で済ませてしまうことは効率的で一見それが部のためになると思いますが、実際は自分の役目である指導するという行為を怠っているとも見れます。そして、自分が卒業した後の部のことを考えていない言動とも捉えることができます。以上のようなことを頭に入れて、今後部を運営する立場として振舞っていきたいと思います。

以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

仲間

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科4年の南和希です。
先週、器械・トラともに全日本インカレが無事終了致しました。応援して下さった方々、本当にありがとうございました。
全カレについては木曜日の岡﨑のリレー日記でも触れられていましたが、私も全カレに出場して感じたことを書かせていただきます。(私はトランポリンの部員ですので、トランポリンの全カレについて書かせていただきます)

まず結果についてですが、目標としていた男子Aクラス団体でのメダル獲得はなりませんでした。慶應は部員が少なく、男子Aクラス団体にそもそも3人しかエントリーできていませんでしたので、一人も失敗できない状況でした。しかし私が2本とも演技をそろえることができず、チームの足を引っ張ってしまう結果となりました。4年生の私にとって、今年の全カレは競技人生の最大の目標の一つだったのですが、そのことを意識しすぎてしまい、いつもと全く異なる感覚で演技に入ってしまったのが原因の一つだと思っています。気負わないようにはしていましたが、瞬間的な緊張に弱い私の悪いところが如実に表れた大会だったと思います。私が出場する大会はもうほとんど残っていませんが、悔いのない形で競技人生を終われるよう、最後まで頑張ります。

結果を追い求めなければいけない選手という立場からすれば、このような結果しか残せなかったことは非常に心残りではあります。しかし今回の大会は、トランポリン競技をしていて本当に良かったと思えた大会でもありました。
何が良かったのかと言えば、それは多くの仲間と出会えたことです。ありきたりな言葉になってしまいますが、今回ほどこのことを感じた大会はなかったと思います。
岡﨑も触れていましたが、トランポリンの全カレは、先生方やトランポリンのOBOGの方々のご協力の下、学生連盟を中心とした学生主体で運営される大会です。微力ながら学連の運営のサポートをさせていただく中で、多くの他校の学生と関わることができましたし、大会期間中には以前から慶應と関わりをもってくださっている他校のチームや選手と久しぶりに再会することもできました。この関わりはトランポリンをしていなければ決して得ることのできなかったものです。もちろん、サークルなどでの活動を通して様々な人と関わることはできたと思いますが、そこまで社交的でない私がサークルで4年間やっていけていたとはとても思えません。いくらトランポリンが好きとはいえ、やはり部活動という組織だったからこそ今まで続けられたと思います。そして、真剣に取り組んでいる者同士だからこそ、トランポリンという共通項があったからこそ、彼らと出会うことができました。これだけでもトランポリンを続けてきた意味があったと思える瞬間でした。
これは部員に対しても同様です。部員がどう思っているかは分かりませんが、私が競技をしていたことによって今の部員と出会えたこと、同じチームで競技ができたことは本当に良かったと思っています。

普段の練習ではなかなか感じられないことを感じた機会だったので書かせていただきました。
残り少ない競技生活ですが、今の仲間と競技をできることに感謝しながら過ごしていきたいと思います。
拙い文章となってしまいましたが、最後までご精読いただきありがとうございました。