音と記憶

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科3年の南和希です。
ついに先日梅雨明けし、本格的な夏のシーズンが到来しました。この時期は体が暑さに慣れていないこともあり、熱中症になりやすいそうなので、皆様お体にはお気を付けください。

さて、今日は記憶について書こうと思います。
というのも、先日、去年よく聴いて励ましてもらっていた曲をたまたま久しぶりに聴いたのですが、その時急にその曲を聴いていた頃の感情が鮮明に呼び起されたのです。その感情が非常に鮮明だったので驚きを感じ、今回書くことにしました。

話が戻りますが、その曲を聴いて思い起こされた感情には、当時の私が感じていたものだけでなく、感じていなかった潜在的な感情も混ざっていました。当時の私はあまりにも切羽詰まっていて、自分のことを顧みる余裕もなかったのですが、その時の潜在的な感情が、音と関連付けられて保存されていたようです。テストの勉強の時は自分の意思で覚えようとしてもなかなか覚えられないのに、自分が意識すらしていなかった感情は鮮明に記憶されるものなのかと驚きを感じました。このような体験をしたことがあるのは私だけでしょうか…

思い返してみれば、音に限らず、においや味でもこのような体験をすることがあります。街中ですれ違った人や物のにおいや、食べた物の味から、瞬時に感情がよみがえるのです。それも、楽しい、嬉しい、悲しいといった単純なものではなく、その時の私が置かれていた環境等の背景事情も含む様々な思いが混ざった複雑な感情が、自分がその時に戻ったかのような鮮明さでよみがえるのです。私の経験からすると、このような感情は自分の意思で再現しようとしてもできず、音やにおい、味といった外部的な刺激の力を借りなければよみがえらせられないようです。とても不思議です。

昨年コロナが流行りだして、久しぶりにマスクをした時には、病気になった時の感情を思い出しました。私はマスクをするのが嫌いで、以前は体調不良で病院に行くときぐらいにしかマスクをしていなかったので、頭の中でマスクのにおいと病気の時の感情が関連付けられて保存されていたのだと思います。

しかし、コロナの影響で、ここ1年マスクをしない日はなくなりました。
コロナとの付き合いも今年で2年目に入り、何かと制限が多い今の生活にも慣れ、少なくとも、顕在化している感情の上では今の生活について何も感じなくなってきてしまいました。しかし、今の私が潜在的に持っている感情を、マスクのにおいは保存してくれている気がします。
はるかな後年、コロナが収束してマスクが不要になる時代が来たとしたら…未来の私はマスクのにおいをかいだ時、コロナ禍の2019年~2021年の感情を思い出すでしょうか。
そんな日が早く来ることを願います。

とりとめのない文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

暑い日の思い出

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部政治学科3年の岡﨑優太です。

雨降りの日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。現在、私は8月の全日本インカレに向けて、練習に励んでおります。良い結果をお届けできるよう、精一杯努力して参りますので、応援の程を宜しくお願い致します。

近頃、気温が上昇するとともに、湿度が高くじめじめとした日が続いています。 この間は日吉キャンパスの蝮谷にて蝉の鳴き声を耳にして、本格的に夏が始まったことを実感しました。

自分は毎年、気温が上がってくると同時に高校1年生の時の夏の練習の様子を思い出します。当時の体育館にはまだ空調設備が設置されておらず、暑い日には首振りの扇風機をつけて熱風をあびながら練習をしていたことを覚えています。
今となっては笑い話ですが、あまりの暑さに体調を崩してしまう事も偶にありました。しかしその後、ありがたいことに体育館に空調設備を設置していただき、非常に快適な環境の中で練習をさせていただけることになりました。

変化したものは空調設備だけでなく、体操競技やトランポリン競技に使用する器具に関してもまた、非常に恵まれた環境になっていると感じています。トランポリンに関しては、最新のトランポリン台が4台設置されていて、現在の設備は恐らく日本でもトップレベルの環境といっても良いと思います。

このように、現在の自分が非常に恵まれた環境の中で練習出来ていることに感謝するとともに、これまでの器械体操部の歴史の中でこうした環境を作り上げてきて下さった先生・OBOG、その他の多くの方々にも感謝の意をお伝えしたいと思いました。
また、この環境を十分に活用して自分の、そしてチームの成長につなげていけるよう、考え続けながら練習に取り組んでいきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

インカレに向けて

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、理工学部数理科学科4年の山﨑大司です。
 
7月に入っても雨続きでジメジメしています。本格的な夏の気候に変わり始め、蒸し暑い中でもマスクを必須とした息苦しい生活が続きます。熱中症などの対策として、三密を避けられる屋外の場合はマスクを外して休憩することも必要らしいです。水分と塩分の補給を忘れずに乗り越えていきたいと思います。

大学生は今、全日本インカレに向けて練習をしています。器械は、通しの練習をしている一方で、トランポリンは通しの部分練習で、いち早く通しを完成させようとしている状況です。早めに試合の準備を始めましたが、予定が遅れており焦りを覚えます。

インカレに向けての練習を考えていると、3年前に提示された、当時の4年生からの宿題を思い出します。「インカレで勝つために」をテーマに、チームの強さと課題を整理して対策を4年生に発表しました。

「インカレで勝つ」という漠然としたテーマに苦戦しました。もちろん優勝すれば勝つことになりますが、私たちは「本番で通し切り、しっかり得点すること」を勝つと定義しました。当たり前のことを言っていて、低い目標のように感じるかもしれませんが、当時は中断や得点力の低さが目立っていました。

最近の戦績或いは練習を見ると、改めて試合への作戦を考える必要があるように感じます。私が出場する公式戦は、片手で数えられる程しか残されていません。小さな当たり前を積み重ねて、最後まで走り抜けたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

この部を愛してやまない

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、環境情報学部4年の福岡由唯です。

先日、高校生大会とインターハイ予選が行われました。高校始めの選手が好成績を残したり、インターハイ団体出場の権利を得るなど素晴らしい結果となりました。一緒に練習している身として非常に嬉しく、また誇らしく思います。

さて、今回は、部に対する気持ちをお話しさせていただきます。私の「慶應義塾器械体操部愛」が強いことは自負しておりますが、最近改めて素晴らしいなと感じることが多いのです。私も就職活動をしているのですが、中々上手く進まずに未だ悪戦苦闘しています。先日、強く志望する企業の最終面接の結果が、期待とは異なる形で届いた時には、流石の私も落ち込みました。しかしながら、次の日はいつもと同じように蝮谷体育館に向かい、みんなと一緒に練習をすると、自分でも驚く程に元気になっていました。この部・部員はどんな状況でも私を受け入れてくれる場所なんだなと、仲間と共に目標に向かって努力することはやっぱり楽しいなと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが確実に感じました。この部には応援してくれる方々に溢れており、卒業して時間が経ってからも気持ち良く帰ることが出来る環境だと思います。これまでも部に沢山助けられてきましたので、引退してからも何かしらの形で感謝の気持ちを還元し続けたいと思います。まずは、残り5ヶ月の競技生活を悔いの残らぬよう、全力で走り切りますので、引き続き応援の程宜しくお願い致します。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

仕事

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、商学部4年の金子航大です。

時が過ぎるのは早いもので、2021年も折り返しとなってしまいました。私の体操人生も残るところあと5ヶ月、悔いの残らないよう精一杯努力して参ります。

さて、私は就活生でしたので、本日は「仕事」について話をしたいと思います。「仕事」を辞書でひくと、「何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。 生計を立てる手段として従事する事柄」と出てきます。当たり前ではありますが、この意味からすると、社会人になって会社に勤めることだけではなく、学生がスポーツに取り組むことや部活の運営を行うことも仕事に当たることになります。

何が言いたいかというと、仕事は目的を達成するための手段でしかないということです。「こういう人になりたい」「こういう生活をしたい」という自分の目指す目標像を具体化した上で、それを達成する手段として出てくるものが仕事です。この達成したい目標が本当に自分のやりたいことで、ワクワクするようなものであれば、自然とモチベーションや熱量は大きくなるはずです。

しかしながら、社会人として会社で働いている方々の一部は仕事に対してあまりにネガティブではないでしょうか。電車だったり、街だったり、様々な場面でこれを感じます。社会人がそうなってしまう理由は主に二つあると私は考えます。一つ目は「本当に目指したい目標ではない」から、二つ目は「取るべき手段として最適ではない」からです。もちろんそれができない理由はいくらでもあると思うのですが、同時に言い訳でしかないのかなとも思います。一度しかない自分の人生を後悔のないものにするためには、思い切って行動に移すことも必要なのではないでしょうか。

この目的と手段の話は、学生にも言えることだと思います。本当に目指したいものを見つけ、それに向けて最も必要な手段としての「仕事」を見つけること、それが自分自身の熱量を高め、より人生を楽しむことに繋がるのではないでしょうか。私も体操人生で掲げている目標を達成するため、最適な手段を探して実行していきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

自己紹介

初めまして。本日よりリレー日記に参加させていただきます、薬学部1年の西尾颯馬(ニシオ ソウマ)と申します。以後宜しくお願い致します。

 

今回は初めてのリレー日記ということで自己紹介をさせていただきます。

 

私は4歳~7歳まで東京に住んでおり、体操と出会ったのもその頃です。何故体操を始めたのか明確に覚えていませんが、都内にあったアクション教室に親が私を同道し、そこで飛んだり跳ねたり回転したりすることの楽しみに気づいたからだと認識しています。それから父の仕事の都合で長野県に引っ越すことになり、そこでも体操を続けるために自宅から車で1時間程かかる練習場で活動を行っているクラブに加入致しました。この時から競技としての器械体操に取り組み始め、真剣かつ楽しく練習していました。それも技という判然たる課題が間断なく現れてくるというこの競技の特性が小学生の私には、RPGで敵を倒し進めていくように感じられていたからでしょう。今でも、如何にして敵を倒していくかを考えることは体操の醍醐味であると思っております。
そして中学・高校は地元の公立学校へ進学し変わらず競技を継続していました。高校ではインターハイ出場を目指し日々自己研鑽に励んでいましたが、3年になる頃、コロナが私たちの生活を蝕み始め、数々の大会が中止となってしまったのです。それにより私の目標としていたインターハイも消失し、大変虚しい思いに囚われました。しかし、幸いにも競技に向けていた熱量を早期に受験勉強に向けることが出来て、一年間の猛勉強の末、予てから志望していた慶應義塾大学に合格し、この春入学する運びとなりました。
受験期から友人や塾の先生から薬学部の勉強と体育会の両立は困難であるということを聞かされてきていたので、薬学部で体操を続けることが出来るとは思っていませんでした。また、入学して同学部の友人に相談しても両立は厳しいといわれ、体操をしたい気持ちとのジレンマに非常に悩まされました。しかし、練習場を見学したときに施設や練習の雰囲気に惹かれたこと、先輩に大学で勉強だけしているのはつまらないと言われたこと、高校での引退試合が行えなかったことなど様々なことが要因となり、散々逡巡した結果、入部することを決意致しました。
もしかしたら私は危険な橋を渡ろうとしているのかも知れませんが、やる前から諦めてしまうのは不心得なことだと考えています。大変な分、得るものも大きいと思いますので、能う限り奮励し心技体いずれも成長させていきたいと思います。

 

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

幕開け

初めまして。本日よりリレー日記に参加させていただきます、商学部1年の浦口優(ウラグチ ユウ)と申します。以後宜しくお願い致します。

今回は初めてのリレー日記ということで自己紹介をさせていただきます。

私は13年間体操を続けています。きっかけは私が5歳の時でした。私の姉が先に体操を習っており、幼い頃の私は母親と一緒に姉が体操をしているのを見学していました。姉の練習が終わると床フロアで走り回ったり、鉄棒にぶら下がったりして遊んでいたことを今でもおぼろげながら覚えています。それが私と体操の出会いでした。その後、姉に続くように地元にあった鶴見ジュニア体操クラブに所属致しました。最初は遊びの延長でしたが、小学2年生の秋頃から本格的に競技に打ち込み始めました。幸いなことに当時から全国の最前線や世界を舞台に活躍している先輩、共に切磋琢磨した友人など非常に多く人に恵まれ、クラブに所属し高校に入学するまでの間、数多くのものを学ぶことが出来ました。その後、文武両道を志し慶應義塾高等学校への入学を決断致しました。
高校時代に印象深かったことといえば、まず、高校入学と同時に腰椎分離症を発症し、入学早々、満足に練習することが出来なかったことが思い浮かびます。新たな地で体操を頑張っていこうという矢先の出来事でしたので非常に悔しい出来事でした。その後、なんとか夏頃にはコルセットを身につけて動けるようには回復し、インターハイに団体で出場致しました。しかし、ミスが続き個人としては悲惨な結果に終わりました。また2年生で出場したインターハイもまとまらない演技が続き、あと一歩というところで団体決勝出場を逃すという悔しい結果に終わりました。秋の新人戦では比較的うまく試合が運び、3月の全国選抜への出場権を得ることが出来ました。しかし、やっと演技が仕上がってきたというところで、新型コロナウイルス感染症の拡大により中止となりました。高校選抜は10月に改めて開催されることになったものの、感染症の影響で練習が満足にできず苦渋の判断の末、辞退という決断を致しました。
こうして振り返ってみると、不完全燃焼としか言い表せない高校生活でした。そのため、このままでは終われないという一心で大学でも体操を続ける決断を致しました。
自分自身でもどこまで体操を突き詰めれば、自分が満足するのかはわかりません。そのため、後悔のないよう、4年間行けるところまで全力で体操に傾倒したいと思います。

至らぬ点も多いかと思いますが、最大限の努力を尽くしますのでご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記を終了させていただきます。ご精読ありがとうございました。

自己紹介

初めまして。本日よりリレー日記に参加させていただきます、環境情報学部1年の上田乃維(ウエダ ノイ)と申します。以後宜しくお願いします。

今回は初めてのリレー日記ということで自己紹介をさせていただきます。

 私は、東京都町田市に生まれましたが、父の仕事の都合で小学校、中学校共に鳥取県で過ごしました。小学校5年生の秋に、地元のフォルテトランポリンクラブに体験に行き、トランポリンの面白さに引き込まれました。日常では味わうことのない空中での感覚を肌で感じ、浮遊感や非日常感に魅了され、行ったその日にクラブに所属することを決めました。
 中学生の頃は、全てをトランポリンにかける思いで、学校でも布団の中でも一日中トランポリンのことを考えておりました。中学生時代の戦績と致しましては、都道府県対抗の全国大会での3位入賞や、中四国大会での3連覇など、努力に見合った結果を残せたと思っております。
 高校は、石川県金沢市にある、星稜高等学校に進学致しました。星稜高等学校は、東京オリンピックにも先輩が出場するような強豪校です。そこで、寮に入り周りの強い先輩方から沢山刺激を頂き、努力を重ね、3年生では全日本年齢別選手権優勝やインターハイでの団体優勝、シンクロ準優勝など、良い結果を残すことができました。
 大学への進学時には受験に向けて勉強していましたが、勉強不足により受験に失敗してしまい、浪人することになりました。憧れの慶應に合格して蝮谷体育館で練習することを夢見ながら、1年間必死に勉強しました。その結果、努力が功を奏し無事慶應に合格することができました。
大学生活の4年間では、文武両道をモットーに、頑張っていきたいと考えております。これから慶應義塾大学体育会器械体操部の大会結果には目を見張る結果を並べる所存ですので、是非ともご期待ください。

至らない点も多いかと思いますが、最大限の努力を致しますので、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記を終了させていただきます。ご精読ありがとうございました。