体操とメンタル

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科2年の泉颯真です。今の時期は、試合シーズンの終わりが近づいてきているということで、来シーズンのことを考えつつも、目の前の試合にもしっかりと向き合っていきたいところです。

さて、今回は体操競技とメンタルについてお話ししようと思います。私は先日、体操の調子があまり良くなかったとき、何かがプツンと切れたように、何もできなくなってしまうという現象に陥りました。具体的なことを言えば、あん馬にとびつくこともできなくなりました。ここまで何もできなくなることはそうそうないですが、試合が終わると、次の練習で試合で使っていた技がかけられなくなる、といったことが最近は特に多いように感じます。

原因を自分なりに考えた結果、それは技のレベルが段々上がってきているのと同時に、まだ自分の中でその技のハードルが高い、というところに行き着きました。単純なことではありますが、試合で使えるくらい経験を積んだ技でも、まだハードルが高い技は多くあるのだなと思い、そして、いつもギリギリの精神状態で競技をしていることを再確認しました。

私は、過去のリレー日記で、主に「成長」というものにフォーカスしていることが多いのですが、今回は、成長するには、如何に精神状態を安定させるのかが重要になってくる、という結論に辿り着きました。先に述べた通り、少しでも気持ちが切れると技がかけられなくなってしまうこの競技は、精神が健康であって、初めて練習になるのです。つまり、余計なストレスを抱えずに、のびのびと練習をし、尚且つ必要なストレスはかけていく、ということが大切になってくるのでしょう。そして、今居る環境に合わせる能力と、今居る環境を変える能力、この双方のバランスを以て成長する環境は作れるのだと私は思います。

最後になりますが、約1か月半前に全日本インカレに出場し、今年も大過失を出すことなく、無事に終わることができました。そして、点数的にも昨年から3点弱あげることができ、最低限の目標は達成できたように思います。しかし、今年の目標である、個人総合70点超えと、跳馬でアカピアンを跳ぶことはまだ達成できていないので、それは来週の早慶戦で達成したいと思います。非常に難しい目標ではありますが、精一杯努めて参りますので、応援の程、よろしくお願いいたします。

以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読、ありがとうございました。

自分と他人

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科3年の南和希です。
本日は自分と他人について書こうと思います。

突然ですが、自分が見ている世界は、他の人が認識している世界と同じなのでしょうか。
例えば、今私に「青」く見えている空は、隣の友達にも同じ色に見えているのでしょうか。友達には実は違う色に見えているのではないかと思うことがあるのです。つまり私が「青」と認識している色が、友達の目には「赤」く映っているかもしれないということです。しかし、この場合、見ている世界は違っても、友達は私が「青」だと思っている色に対して「赤」という言葉をあてているだけなので会話は成立し、問題はありません。
しかし、それが思想や考え方になると話が変わります。お互いの考え方によって見えている世界は違いますし、色の時のように対照ができるわけでもないので、互いの考えを説明しないと話がかみ合わなくなります。この場合、会話を成立させるには互いに相手を理解しようという意識が必要になると思います。

体操部の強みの一つは多様性にあります。多様であればあるほど、様々な考え方を持つ人が集まりますが、その分話がかみ合わないリスクが出てきます。
この強みを生かすには、先述した相手を理解しようという意識が重要になると思います。
コロナの影響でコミュニティー間の交流が少なくなってしまっている今こそ、この意識を持って日々の練習に臨みたいと思います。

以上で本日のリレー日記とさせていただきます。最後までご精読いただきありがとうございました。

後ろ姿

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部政治学科3年の岡﨑優太です。
少し肌寒い日が続き秋も深まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。大学の方では夏休みも終わり、授業が再開しました。今後は競技に集中して取り組むだけでなく、文武両道を体現できるよう学業の方も精進していきたいと思います。

さて、話は変わりますが、先週までの投稿が4年生の先輩方の最後のリレー日記となりました。そのため、今回は後輩の視点から見た4年生について、今年のことを振り返りつつ書かせていただきたいと思います。
今年の4年生への印象を一言で表すならば「多様」という言葉が当てはまると思います。理由としては、4年生の中でもそれぞれ専門とする種目が異なるだけでなく、そのバックグラウンドも、高校の時から器械体操部に所属していた人もいれば大学からAO受験や一般受験で慶應義塾に入り、入部した人もいるなど、非常に多様性に富んでいるからです。
そんな4年生ですが、後輩の視点から見て特徴的だと感じた点は、同期間での話し合いを非常に重要視しているという事です。同期間でのミーティングを頻繁に行い、部活の方向性について意見を出し合っている姿がとても印象的です。
一昨年の引継ぎ以降、コロナ禍の中での部の運営であり、課題等も多くあったように思います。そのような中でもオンラインでの部員同士の交流の機会を増やすなど、より良い部にするために次々と新たな施策を取り入れていました。例年と比べると学年の人数は少なかったですが、以上のように先頭に立って部を率いていた4年生一人一人の存在感はとても大きかったと感じています。

先輩方の引退も近づき、これからは本格的に部に関する引継ぎが始まります。正直なところ不安に思う部分も多くありますが今の4年生、そしてこれまで慶應義塾の器械体操部を繋いできた多くのOBOGの方々の想いと歴史を受け継いで、さらなる成長を目指していきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、理工学部数理科学科4年の山﨑大司です。

いよいよ夏休みも今週で終わってしまいます。引き続きオンラインでの授業が行われるようで、やるせない気持ちですが、大学生活最後の授業にしっかり臨みたいと思います。

さて、話は変わりますが、前回福岡が書いていたように私の18年の競技人生を振り返ります。

私は4歳の時に通っていた体操教室でトランポリンを目にして、好奇心から始めました。それから高校生3年生の夏まで、トランポリンに熱中し、怪我や挫折のない競技生活でした。中学生までは刺激的でとても楽しく練習していました。
しかし高校生になると、チームにライバルがいなく、大学受験に向けた勉強も大変で、純粋にトランポリンを楽しむことが難しくなってきました。また、試合数も多く、自分のやりたい練習が出来ない状況になり、次第にトランポリンに対してネガティブな感情が芽生えてしまいました。そして、受験勉強を言い訳にトランポリンから離れる決断をしました。

慶應に入学して、1年半振りにトランポリンをやりたいと思い、器械体操部に体験にいきました。その時に見た練習環境の素晴らしさに感動したことを今でも覚えています。そして、ここでならもう一度頑張りたいと思い入部しました。
そこからの4年間、たくさん失敗や挫折を経験しました。その度に仲間に支えられ、自分の弱さは抱え込むのではなく受け入れるものと気付かされてきました。大学4年間の目標だった全日本選手権出場は叶えられませんでしたが、目標達成に匹敵する程の経験値や頼もしい仲間を得ました。辛いこともたくさんありましたが、引退までの2ヶ月、最後まで大好きなトランポリンを全力で楽しんでいきます。

最後に私の競技人生を支えてくれた言葉を紹介します。
“Nobody’s perfekt = 誰も完璧でない”
どんなに尊敬していて、到底敵わないような人にも必ず欠点が存在する。

拙い文章となってしまいましたが、以上を持ちまして私のリレー日記を終了させていただきます。ご精読ありがとうございました。

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、環境情報学部4年の福岡由唯です。本日は、長年にわたり社会に尽くしてきた方を敬愛し、長寿を祝う「敬老の日」です。おじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを送りたいと思います。

さて、私が高校生の時からずっと読んでいた大好きなリレー日記ですが、書くのはこれが最後みたいです。引退まではまだ少しありますが、私の大学競技生活を簡単に振り返りたいと思います。

[初めての部活]

高校卒業式の次の日から、滋賀県栗東市での春合宿に参加しました。集合写真を撮った時、自分だけ慶應ジャージを着ておらず、「早く正式に入部して赤いジャージを貰いたい…!」と感じたことを鮮明に覚えています。ここから始まる大学生活にワクワクが止まりませんでした。

[2018 大学1年生]

憧れの慶應器械体操部に無事入部でき、練習環境・人間関係・生活スタイル、何もかもが新鮮でとにかく楽しかったです。全日本インカレには団体メンバーとして出場し、チームで戦うことの難しさ、面白さ感じていました。怪我等により上手くいかない時期もありましたが、先輩方に沢山の助けをもらい復活できました。

[2019 大学2年生]

器械女子は前年と変わらないメンバー7名で練習に励みました。全日本インカレは団体出場、2年目ということで団結力の強まった良いチームだったと思います。私は全ての種目で1番手を担い、流れを作る重要な役割を経験させていただきました。先輩方には、技術面だけでなく、本当に沢山のことを教えていただきました。今思えば、先輩方の行動を観察する中で色々なことを発見し、そこで吸収し学んできたように感じます。

[2020 大学3年生]

器械女子は3名になりました。コロナによる活動自粛期間の後は、調子が上がってこない時期もありましたが、気持ちで負けずに黙々と練習に取り組みました。3名のため全日本インカレは個人出場にはなりましたが、良い演技を揃えました。冬には先輩方が引退してしまい、女子選手は私のみになると同時に、部を動かす立場の幹部になりました。初めはやっていけるのか不安がありましたが、同期や後輩に支えられながら、相変わらず元気良く活動できました。

[2021大学4年生]

最高学年になり身体の痛みは増してきましたが、モチベーションは高く維持できています。最後の最後まで上手くなる為の練習を積み重ね、また幹部の役割を全うしたいです。先日の全日本インカレではミスは出たものの、段違い平行棒ではベストの演技を出すことができ入賞することができました。この後は10月の交流戦・早慶戦、11月には慶同戦・部内戦が控えておりますので、引き続き日々精進して参ります。

今回は大学を振り返りましたが、トータル16年間続けてきた体操競技が残り2ヶ月だと思うと非常に感慨深いですし、これまでの色々な経験を思い出して涙が出そうです。体操の楽しさを全身で味わいながら、同期と共に競技生活を走り切りたいと思います。

ここまで数え切れないほど沢山の方々に支えられてきて、体操を続けることができました。私は本当に幸せ者だと思います。最後まで温かく見守っていただけますと幸いです。

引退とはいえ、私の息が途絶えるまでこの部に関わっていきたいと思っていますので、部員の皆さん、先生方、OBOGの方々、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

以上で、私の最後のリレー日記とさせていただきます、ご精読ありがとうございました。

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます商学部4年の金子です。

9月に入ったばかりだというのに肌寒い日が続き、今年も夏が終わってしまったのだとしみじみ感じております。季節の変わり目で体調を崩さぬよう、より一層気を付けていきたいところです。

さて、1年生から書き続けたこのリレー日記ですが、私が担当するのは本日が最後だそうです。なんだか寂しくも感じますが、最後は「運」をテーマに話したいと思います。

私の体操人生は本当に運が良いものでした。小学生の頃に世界レベルのコーチに出会い、中学では世界最高峰の選手と共に練習をし、高校からは慶應体操部に入ることができました。戦績を見てもインターハイ決勝やインカレ一部、全国選抜や全日本選手権など、自分に見合わないような大会まで出場することができたと思います。この出会いや時の運は、誰にでも訪れるものではないと思いますし、何も出来なかった自分がこんな経験ができたことに少しの怖ささえ覚えます。

今の私があるのは、この幸運があったからに違いありません。

と言いつつも、実は私は出来事を運で片付けてしまうことがとても嫌いです。何かの結果には、必ずそれなりの要因がある筈ですし、それを運で片付けるのは過去や未来を否定することになると考えているからです。「本番に強い」「本番に弱い」という言葉が分かりやすくそれを表していると思います。それだけの練習を積んで来たから本番に強く、それなりの練習しかしてこなかったから本番に弱いのではないでしょうか。結果の要因を外に見つけるのではなく、自分自身の中に見つけ、自分で結果を掴み取ることが大事なのです。

しかし、これを踏まえてもやはり私は幸運でした。出来の悪い自分を見放さず指導していただいた先生方や、世代を超えて新しい気付きをくれる先輩後輩、もがきながらも支え合えた同期、こんな人達に囲まれながら体操ができたことは、運が良かったとしか言えません。

だからこそ私はこれから、運がもたらしてくれた環境に感謝をしつつ、自分自身で結果を掴み取れる人間を目指していきたいと思います。

最後にこの場を借りて、両親、首藤先生を始め関わった全ての人に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。また、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

引退まではもう少しありますので、一切の悔いが残らないよう精進していこうと思います。

体操を通して得た出会いや経験は私の人生の一番の宝物です。

長々と話してしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

大会を終えて

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、薬学部薬科学科1年の西尾颯馬です

最近は徐々に気温が下がり過ごしやすい日々が続いております。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理には今一度気をつけていきたいところです。

器械は先日、大きな目標としていた全日本インカレを終えました。このような状況下で、延期や中止が無くこうして大会を無事やり遂げる事ができ、大変に大きな安堵感と達成感を覚えております。
振り返ってみれば、入部する前は全日本インカレが大学においてのデビュー戦になるとは思ってもみませんでした。しかし、入部してからの3ヶ月間大会へ向けて目標を設定し、技や通しの練習を繰り返し行い、大舞台に物怖じしないよう取り組んできました。その結果、ミスはあったものの、自分が予想していたより平静を保って演技する事が出来たので、練習の重要性を痛切に感じました。

この大会では、競技レベルこそ周囲とかけ離れていましたが、刺激を受け、そして新たな課題を見つけ、また次のステップのための糧となるような貴重な経験を味わえたと思っています。しかしながら、目標としていた67点に僅かに届かず悔しい思いをしたので、この後悔の念をバネに、来年の全日本インカレではチームに貢献出来るようさらに練習に励みたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

自己紹介

 初めまして。本日よりリレー日記に参加させていただきます、文学部人文社会学科1年の岡田知洋(オカダ トモヒロ)と申します。以後宜しくお願い致します。
 今回は初めてのリレー日記ということで自己紹介をさせていただきます。
 私は中学まで川崎市の地元の中学校に通っており3年前の春に慶應義塾高等学校(以下塾高と略させていただきます)に入学致しました。
 塾高では最初、文化系の部活動に所属しておりました。しかし、体を動かすことが好きだった私は当時、担任の先生が塾高器械体操部トランポリン部門の部長である宮田幸典先生であったこともあり、高校1年生の秋に入部することを決断致しました。体操部での3年間は非常に濃密な競技生活でした。引退時は怪我もあり最後の大会に出場することは叶いませんでしたが、それでも充分に満足して引退できるほどの素晴らしい時間をこの部では過ごさせていただきました。
 引退時の満足感と、現役時代の怪我への恐怖心もあり、大学では初め器械体操部に入部しようとは考えておりませんでした。しかし大学でも体操を続ける同期の姿やこの部への思い入れから、選手としては難しくてもマネージャーとしてもう一度部活に関わりたいと思い、この器械体操部に入部するという決断を致しました。
 まだまだ至らぬ点も多いと思いますが自分に出来る仕事を誠心誠意行い、選手の皆様を支えていけるよう精一杯努めて参ります。皆様、宜しくお願い致します。
 拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記を終了させていただきます。ご精読ありがとうございました。