定性目標

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、環境情報学部4年の福岡由唯です。

4月を迎え、早くも私も最上級生となりました。先日、久しぶりに研究会のためにSFCに行きました。オンキャンパスの授業は1年以上ぶりでしたので、非常に楽しく、また懐かしさをも感じました。

以前の金子のリレー日記で、現在行っている「逆算目標ノート」という施策が紹介されましたが、そのノートに年間目標とは別に「体操人生の目標」を記入する欄がありました。このページは1番大きい枠であろう体操人生全体の目標を改めて考えるきっかけをくれましたので、今回はそれについてお話ししようと思います。

私は幼い頃から体操を続けています。小学生の時は友達と一緒にただただ体操を楽しんでおり、中学高校生の時は怪我が多かったものの練習できる時期には技を次々と習得していきました。大学生になってからは怪我少ないものの、正直言いますと衰えていきそうな自分に必死に対抗し踏ん張っている感覚です。その中で最近少し成長したなと感じる部分は、け上がり倒立などの基礎技や伸肘倒立などの補強です。そんな自分が体操人生全体において目標に置いたものは「引退試合で部員・先輩・先生方・家族を感動させる」です。心震わせるような演技をし、この15年の中で関わってくれた全ての方々に感謝の気持ちを伝えられたらなと思っています。もちろん点数を追っていきますが、このような定性目標も並行して設定し、ダブルゴールできるようこれからも練習に励んでいきたいと思います。

今週は全日本個人選手権、来週は私の東日本グループ選手権が控えていますので、チーム一丸となって更に盛り上がっていきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

連鎖

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、経済学部4年の小島啓太郎です。

4月に入り、私もついに4年生になりました。高校で出会った器械体操ですが、最後まで走り抜けよう、と改めて決意した今日この頃です。
また4月といえば新歓の時期ですね。器械体操部は、昨日から公式ツイッターやインスタグラムにて部員紹介を始めました。そして明日、私の動画が投稿されますので、是非チェックしてみてください。4年間の成長具合にびっくりすると思います。

さて、今回は「連鎖」という言葉を軸にお話ししたいと思います。辞書より、連鎖とは「物事が互いにつながっていること。また、そのつながり。」のことを意味します。逆説的に、つながりがないと連鎖は発生しません。

全ての行動には、必ず理由があります。何となくで動いていることも、気づいていないだけで同じように理由があります。この理由に気づくことで、連鎖が生まれ、行動の意味や効果が大きく変わります。
例えば、同じ腕立て伏せを行うにしても、大胸筋を鍛えたい場合と広背筋を鍛えたい場合では、そのフォームは大きく違ってきます。更に、「なぜ」大胸筋や広背筋を鍛えるのか、ということが明確だと、その効果はより大きくなります。
この「なぜ」を追求していくことで連鎖が大きくなり、その効果も比例して大きくなりやすくなる、と私は考えています。

常に「なぜ?」と問いかけ、自分なりの答えを探して確かめながら、実のある学生生活にしていきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

変化

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、商学部3年の金子航大です。

先日緊急事態宣言が明け、器械体操部の練習も本格化してきました。勿論、感染予防対策を徹底した上での練習ですので、各種制約はありますが、目一杯練習に取り組める現在の状況を非常に嬉しく思っています。

さて、本日は「変化」について話をしたいと思います。というのも、最近特にマンネリ化を強く感じるからです。例えば、今年の施策の一つである「逆算目標ノート」をとって考えて見ても、最初は新鮮さもあり、部員同士の関心も促すことができていましたが、最近は「ただ目標を書く」という行為に収まってしまっている気がしています。
人は慣れる生き物ですので、マンネリ化は他のどのようなことに対しても言えます。このマンネリ化が起こると、同じことを繰り返すだけの行為が続きますので、成長が止まってしまいます。そこで重要になることこそが「変化」です。

それをよく表しているのが、「一技千本」という言葉です。体操界でしか使われていることを見たことはありませんが、この業界に至っては有名な言葉かと思います。この言葉の意味を、究めるためにはどんな技でも千本行うことが重要だ、という風に解釈していますが、この千本とは同じことをただ繰り返す千本ではないと考えます。成功しても失敗しても、技を行う毎に、改善可能な点を導き出し、常にブラッシュアップしていくことが究めることに繋がるのです。つまり、常に変化を付け続ける事が、自らの成長に直結するということです。

「現状維持では後退するばかりである」これは私が大切にしているウォルトディズニーの名言ですが、正に変化を与え続けることの重要性を説いています。人数が少なく、さらにコロナ渦で外部練習などもできず、変化を続けるためには自分で自分を律することが必要で、非常に難しい状況ではあります。だからこそ、お互いが干渉しあい、一人一人が変化を作る意識を持つことが大切です。

今年初の試合まで残り3週間程度となっていますので、私たちなりに、精一杯「変化」を与え続けながら、精進して参ります。
拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

目標

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、文学部1年の八木滉大です。

3月も下旬となり、暖かい日が増えて春を感じています。いよいよ次の試合に向けた練習が本格的になっていくので気を引き締めて頑張ります。緊急事態宣言を受け週3日だった練習も、週5日にすることが認められ、練習時間も次第に確保できつつあります。

さて、今回は春になったということで新年度の私の体操の目標について書かせていただきます。それは一言で言いますと「基礎固め」です。かなり曖昧な表現ですが、これは私の体操部に入る決定打となった夢の技たちに挑戦することに大きく関わっています。例えば、跳馬の前方3回宙返りにあたるローチェと、それに半分ひねりを加えたドラグレスクという技も目標の一つです。特にこの技は、私が中学生の頃初めて映像を見た時から魅了され、中学高校と合わせた6年間の目標でもありました。

しかし、こうして私が未だに夢の技であると言っている様に、練習するどころか1度も挑戦することなく今まで来ています。トランポリンの入った跳躍板でローチェを一度だけ試みたこともありましたが、それっきりでした。

そもそも私は2回宙返りである転回前宙の技術が足りていませんでした。この経験から、足元を疎かにしていてはどんなに突き進もうとしても、どこかで頭打ちになると実感し、高校の部活動の中ではいつしか諦めていました。それはドラグレスクを跳ぶための基礎の基礎である転回前宙、さらに良い転回前宙を跳ぶための転回跳びを改善していく時間が無かったからです。

そして、大学で再び体操を始めることができた私にはチャンスが生まれました。そうは言っても、私のレベルの選手では4年で大技ができるようになる可能性はかなり低いです。加えて私には他にも挙げればキリがないほど挑戦したい技が多くあり、達成することの出来ない技も多く残ってしまうでしょう。

しかし、私はこの慶應義塾器械体操部なら、可能性を高めることができると今では実感しています。それは、大技だけでなく体操そのものの上達に必要な基本的な技術を、技以前の体の使い方から丁寧に教えてくださる先生や先輩方がいるからです。そのような素晴らしい指導の下、伸びしろのある選手となり、自身の目標だけでなく、チームに貢献するためにも「基礎固め」を目標に新年度も頑張っていきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

成長 part 2

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科1年の泉颯真です。

3月10日に大学生は秋学期の成績が発表されました。私は、履修した講義の単位を全て取得することができ、一安心しているところです。しかし、そう思うのも束の間、来年度の履修のエントリーが既に始まっている教科もあり、いよいよ学年が1つ上がるのを実感しています。

 

さて、今回は前回に引き続き、成長するためにはどうすればいいのか、私が考えていることをお話ししようと思います。

私が特に最近思うのは、このトレーニングは果たして今の自分に見合っているのか、ということです。正直なところ、私はトレーニングのほとんどの分野において弱いです。しかし、昔から強い人も弱い人も、同じようなメニューを課せられることが多かったように感じます。これは、果たして効果的なのでしょうか。

私がたどり着いた結論は、各々のレベルに見合ったトレーニングを織り交ぜた方が効果的だ、という事です。これは、辛いトレーニングから逃げるための言い訳ではありません。むしろ、成長するために必要な過程だと思います。これは、ずっと弱いと言われ続けた私だからこそ、自信を持って言えます。例えば、倒立押し上げにおいて、まともに腕立て伏せもできないのに、それを倒立でできるわけがないのです。確かに、倒立押し上げで使う筋肉も反応させなければならないので、全くやらないのはそれはそれで身にならないと思います。しかし、そもそも前段階のものですらできていない、ということが私は多くありました。その結果、正しい形でできず、なかなか強くならないのです。

確かに、前段階を踏まずにできる人もたくさんいます。むしろ、そういう人の方が多いから、弱い人も同じメニューをやるのでしょう。しかし、強さは人それぞれですから、トレーニングも一人一人違って当たり前なのです。実際、今年度は個人メニューを組んでもらったおかげか、成長することができたように感じます。逆に、昔、自分のレベルに合っていないトレーニングをし、怪我をしてしまったこともありました。以上のようなことから、私は改めてトレーニングに真摯に向き合いたいと思います。

 

以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

選択と集中

こんにちは、本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部法律学科2年の南和希です。
3月に入り、新年度も近づいてきました。来週成績の発表がありますが、春からいよいよ私も三田キャンパスに通うことになるので、楽しみにしています。

さて、器械体操部は、現在は週3日の頻度で練習をしています。緊急事態宣言が発令されている中で、練習をさせていただいているだけでも有難いことではありますが、普段週6日で練習していたことを考えると練習不足であるように感じます。しかし、大会は着々と迫ってきており、そんなことも言っていられません。

また、4年生が引退され、現在は部員の数が非常に少なくなってしまいました。私も今年からは少しずつ部の運営に関わってくことになるので、このように人数が少ない状況においてどのようにすれば効率的な運営ができるのかを考えるようになりました。

私の場合、期限や制約があると不安になり、色々なことに手を広げたくなってしまいます。競技面でいえば、大会が近づくと自分の演技の欠点ばかりが目につき、細かいところをいろいろ修正したくなってしまうのです。
ですが、時間等の制約がある中で、自分がやりたいこと全てに手を広げることは破綻につながりかねません。
上記の例でいえば、細かい修正に時間をとられて、大会までに本当にやらなければならないことをやる時間がなくなってしまうようなことが考えられます。

このように、制約がある場合にどのようにすべきかについて、私の中ではまだまだ答えは出ていませんが、一つの方向性を考えました。それは、選択と集中です。
つまり、やる項目を少なくする(=選択)かわり、選択したものはしっかりやるということです。
選択することは、選択しなかったことを切り捨てるということでもあるので、勇気がいることです。しかし、手を広げすぎて全てが中途半端になったり、大事なことができなくなるよりは、やることを絞って、それだけを集中的に対策する方が効果的である場合もあると考えます。

4月からは授業も始まります。楽しみな面もありますが、さらに忙しくなっていくと思うので、選択と集中も意識しながら今後の活動をしていきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。
ご精読ありがとうございました。

上達に向けて

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、法学部政治学科2年の岡﨑優太です。

現在、器械体操部では有難いことに体育会から練習の許可をいただき、制限がある中ではありますが、体育館での活動を再開しています。
しかし、練習が再開して以降、自粛前と同じようなパフォーマンスを出すことはとても難しいと感じています。
そのため、今のところ基礎練習などを中心に、体の状態や感覚を取り戻すことを目的として練習を行っています。その甲斐もあってか、少しずつ体の動きが良くなってきているのを感じています。

そこで先日、一歩先のことにチャレンジしようと、新技習得の練習を始めました。
久々の新技習得という事で困難も多く、試行錯誤しながらの挑戦でありましたが、自分にとっては非常に楽しく、充実した時間であると感じました。

個人的にトランポリン競技をやっていて一番楽しいと感じる時は、新技の練習などを経て新しいことが出来るようになり、自らの成長を感じる瞬間だと思っています。
新技への挑戦によって「もっと演技を上達させたい」という向上心を改めて強く感じる事が出来ました。

新型コロナウイルス感染症への感染予防対策によって練習出来る時間が限られていますが、この時期を使って練習の予定や目標、自分のやりたいことなどをいま一度考え直し、強い向上心を持って練習に取り組むことが出来るように努力していきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました。

違う視野

こんにちは。本日のリレー日記を担当させていただきます、理工学部数理科学科3年の山﨑大司です。
 
いよいよ新型ウイルスのワクチン接種が開始されました。まだ対象者は限定的ではありますが、この状況が落ち着いていってほしいです。そして、オリンピックが無事開催されて日本人選手の活躍を見られることを願います。

先日、審判講習会に参加してきました。審判目線で競技を考察すると見え方が変わってくると感じました。

技術的なことで自分が満足出来たとしても、採点すると減点されることがあります。逆に自分では納得のいかない演技でも減点されないこともあります。プレイヤーと審判の両方の目線を満たすことは難しく、それが出来るのはほんの一握りの選手です。自分のイメージを大切にしながら技術を向上させつつ、減点されない演技をすることの難しさを改めて知らされました。最後の一年、とことん追求して楽しんでいきたいと思います。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記とさせていただきます。ご精読ありがとうございました