Coaches’ board

器械体操部コーチによるブログ

慶同戦勝利と29年ぶりの再会

去る9月18日、当校蝮谷体育館で「慶同対抗体操競技定期戦」が開催され、当校男子器械が勝利を収めました。本大会は同志社大(京都)との対抗戦で、今年第71回を迎える大変歴史のある定期戦です。

男子器械は8月のインカレから成長が見られ、団体総合、個人総合、種目別のすべてにおいてタイトルを独占しました。女子器械もデビュー戦ながら健闘。エキシビジョンではトランポリン男女(当校のみ)が華麗に宙を舞い、新体操男女(同志社大のみ)も観客を賑わせました。

楽しみにしていたのが、同志社大の中家監督との再会です。彼と私は同期で、4年生のときに対戦して以来29年ぶり。互いに切磋琢磨したあの頃が蘇ります。当時は4回中1度も勝つことが出来ませんでしたので、私は頭が上がりません。

中家監督から「来年は同志社大での開催。同期のOBたちを集めて待っているからね」と温かいお言葉をいただき、両校の絆を再確認しました。ご協力いただきました先生方、審判の皆様、先輩方、出場者以外の部員、高校部員、保護者の皆様に、心より感謝申し上げます。

体現者たれ

皆さまこんにちは、高校コーチの山﨑広輝です。

はじめにご報告ですが、明日出場予定であったジャパンオープンを体調不良のため棄権することとなりました。来シーズンに向けて気持ちを切り替え、また練習を積んでいきたいと思います。

さて、今回は先日選手として出場した「栃木国体」で感じたことを共有できればと思います。

私は神奈川県成年の代表として出場しました。結果は当HPに投稿されています。

国体は学校や所属チームを越えて、各々の県にゆかりのある選手たちが団体を組み戦います。ジュニア時代の仲間が地元に帰ってきて再び集まり、同窓会のようになることも多々あります。日頃メンバーと共に練習しているわけではないので、技術や各々の所属の文化を共有する非常に貴重な機会だと感じています。より多くのことを吸収して、指導にも生かしていきたいですね。

今大会は、少年の代表として本校の小田切君・吉田君も出場していたのですが、指導している学生と同じ日程の試合に出場するのは私としても初めての経験でした。指導者と選手を同時にやるようになったからでしょうか、彼らの視線に今までにない緊張感を感じました。多分私が勝手に感じているだけですが。今回はそれもプラスに作用してか、大きなミスなく試合をまとめることができました。

指導者であり競技者でもある私は、日々指導していることを競技で体現する存在でなければと改めて感じる機会になりました。若い学生達からも多くの刺激をもらい、貪欲に学ぶ姿勢は忘れずに行きたいものです。

以上本日の投稿とさせていただきます、次回もよろしくお願い致します。

女子部員紹介 part1

こんにちは!福岡由唯です。

先日、全日本インカレ@四日市に応援に行ってきました。
広い会場に渡る緊張感や応援組の眼差し、集中している選手の表情や心配そうに見守る親御さん方、試合でしか感じることのできないこの雰囲気が私は大好きです。
近くで応援することができて本当に幸せでした。

さて、せっかく「女子」コーチとしてこの投稿リレーに仲間入りしているので、本日は当部の女子部員について一人ずつ紹介しようと思います。最近体育館に来れていない先輩方が、少しでも部員のイメージを感じ取れてもらえたら幸いです。

・理工学部3年 井上万由(いのうえ まゆ)
万由は2年生の時に突然体育館に見学に一人で来ました。初回の見学の後に「流石にまだ入るとは言わないかな」と思いつつ入部意思があるのか聞いてみたところ「90%入ります!」とハッキリ伝えてくれたことを覚えています。彼女は理工学部で建築の勉強をしながらも、マネージャーとして素早く仕事をこなしてくれます。よく笑い、選手たちに負けないくらい活発でとても体力があります。たまに自分で抱えすぎて涙が溢れることもありますが、それを引きずることもなく非常にスカッとしている子です!余談ですが、私は「まゆち」と呼んだり「ちーまゆ」と呼んだりしています。

・商学部2年 永野祐里(ながの ゆうり)
祐里は1年生秋に体育館に見学に来てくれて、私が引退した後でしたがすんなり入部してくれました。彼女は誰の懐にもスッと入っていき、溶け込んでいく子です。いつもニコニコしていて、とにかくトランポリンが純粋に好きで、競技を全身で楽しんでいる感じが素敵です。練習動画をLINEで送ってくれたり、体育館では「ゆいさん見ててください!」と寄って来てくれたり、こちらとしても嬉しい限りですね。先日、初めての全日本インカレで見事通し切ったとのことで、今後の成長にも更に期待が高まります!余談ですが、自然に出ちゃっている関西弁がとっても可愛いです。

さらに器械女子の1年生が3名おりますが、少し長くなってしまうので次回に回すことにします。

引き続き器械体操部の応援のほどよろしくお願いいたします。
私も女子部員を盛り上げていけるよう引き続き精進してまいります。

(記:令和4年卒 福岡由唯)

Be a hard fighter and a good loser.

皆様こんにちは、コーチの久永将太です。
器械体操部の指導に携わり、5ヶ月が過ぎようとしております。

私はこの夏、ある一冊の本と出会いました。
慶應義塾の塾長でありながら、スポーツにおいて深い造詣のあった小泉信三 元塾長の『練習は不可能を可能にす』という、スポーツにまつわる文章を集めた随想集です。

その中に、以下の言葉がありました。
「Be a hard fighter and a good loser.(果敢なる闘士たれ、潔よき敗者たれ。)」

先日の早慶戦や全日本インカレでの悔しい場面で見せた部員の清々しい笑顔。悔しさを露わにするどころか潔く負けを受け入れ、勝者にきちんと敬意を表わしていた姿。正にこの言葉を慶應器械体操部は体現しているのだと感じました。
また、彼らは上手くいかない時でも、手を抜く者や不貞腐れる者が誰一人といないインテグリティな集団であることから、順位やメダルの色以前に尊敬に値する魅力的な集団であるのだと、私はこの夏知ることができました。
引き続き、もちろん Good Winner を目指して精進して参ります。

最後に、私は失敗には2種類あると思っております。
全力でやった後の失敗と、そうでない時の失敗です。
全力でやった後の失敗は、もちろん悔しいし出来ることならば失敗をしたくはないのだけれども、何か少し気持ち良さもあって、失敗したことを失敗と捉えない、成功の途中として捉えられるものではないでしょうか。
しかし、そうでない時の失敗というのは、言い訳をしたり誰かのせいにしたり環境のせいにしたりするものです。
彼らは間違いなく前者だったと近くで見ていて思います。
今後、さらにレベルアップしていく慶應器械体操部の姿を楽しみにしていてください。

引き続き、変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

皆さまお変わりございませんか。

こんにちは。
ヘッドコーチの首藤聡史です。皆さまお変わりございませんか。

蝮谷体育館は、新型コロナ感染拡大の影響で、選手・コーチのみの入場制限が続いており、皆さまにお会いできないのが残念ですが、本日はインターハイに関してご報告させていただきます。

8/7~9、愛媛県で全国高等学校総合体育大会が開催され、本校から小田切君が個人出場しました。予選では5種目めの「ゆか」演技終了後、体育館の横にある陸上競技場に雷が落ち、体育館の火災報知器が作動。会場の照明もダウンして30分試合が中断するアクシデントもありましたが、6種目ノーミスで演技を行い個人12番目(団体予選通過チーム除く)で決勝に進出しました。

決勝2班では、全国トップレベルの選手たちと6種目を一緒に演技することができました。
Eスコアで勝負する小田切君は、決勝ではミスが出てしまい本来の力が出しきれなかった感はありますが、演技以外の試合運び、試合に対する姿勢など多くのことを学んだと思います。「失敗も経験」慶應大学で大きな花を咲かせてもらいたいと思います。

話変わって、私は4月より校務の関係で、これまで毎日体操に関わらせていただいた(膨大な?)時間を、学校運営の校務に変えて日々を送らせていただいております。

数年間は練習指導や引率(帯同)は限られますが、引き続き選手・新指導体制をサポートしていきたいと思います。過去に感染症の世界的大流行は、社会構造に大きな変革をもたらし、新しい時代への変革の一因になったと言われています。コロナを乗り越え器械体操部も新陳代謝が起こり、組織が活性化されていくことも部にとっては大切な事だと考えています。

引き続き、高校・大学器械体操部にご支援賜りますようよろしくお願いいたします。