Coaches’ board

器械体操部コーチによるブログ

オリンピック

皆様、こんにちは。
ヘッドコーチの首藤でございます。

7/15(木)〜31(土)蝮谷体育館で、イギリスオリンピックチームの事前合宿が行われます。

新型コロナ感染防止対策として、バブル(ゾーニング)で練習が行われるため、慶應、イギリスチーム合同での練習はできませんが、可能な限り交流を深めていきたいと思います。

高校生・大学生はインターハイ、インカレ、新人戦に向け元気に練習しています!

  

関東大会が終了しました。

今回の慶應義塾高校は、新技に挑戦する選手が多く、積極的な演技が多かったのですが、まだまだ荒削な部分が多い感じがしました。会場練習でも技の確認作業のために多くの本数をかけてしまい、試合前に疲労が蓄積してしまった感があります。結果として大過失が多く課題の残る試合となりましたが、試合でしか味わえない緊張感・環境的負荷・各学校の選手の取り組み方など、試合でしか学べない貴重な経験を体験できたと思います。

最後に関東大会開催にあたり、安全に試合に臨めるよう感染防止対策を講じて頂いた、すべての関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

【関東大会試合結果】
https://kanntou.jimdofree.com/

慶應高校→慶應大学→三田体操会

本日は、社会人選手として競技生活を継続する山﨑広輝選手についてご紹介します。
山﨑選手は茨城県出身。慶應高校入学後インターハイ・国体などで活躍し、慶應大学総合政策学部に進みました。高校時代は床・跳馬が得意な選手という印象が強かったのですが、大学生に進学後は6種目の演技が安定し、大学3年にはU-21日本代表、国体優勝、4年ではインカレ吊輪(1部)優勝と順調に競技実績を重ねてきました。
中学時代に腰を痛め、高校時代も練習制限をしながら競技を続けてきましたが、やっと最近になって思い通りに体を操る事ができるようになってきています。
山﨑選手の筋肉の使い方・動かし方など、細部まで探求し続ける練習姿勢は、学ぶことが多く後輩の良い手本となっています。
山﨑選手は、器械体操部のOB会組織である三田体操会所属で試合に出場し、引き続き蝮谷体育館を拠点として競技を継続します。また、高校コーチとして後輩の指導に携わります。
先日、全日本選手権(高崎)に向けた山﨑選手(三田体操会)、金子選手(商4)の試技会が開催されました。2人とも調子が良過ぎて空回りしてしまう課題の残る結果となりましたが、両名とも技の質は向上していますので、残り少ない日数でしっかり試合勘を取り戻してくれるでしょう。
皆様、引き続き応援よろしくお願いします。

巣立ち

皆様、こんにちは。
昨年3月HPリニューアル時に、学生がCOACHES’ BOARDというコーナーを立ち上げてくれましたが、長らく活用されてきませんでした。
(関係者の皆様すみません…。)

今後は、不定期ではありますが、器械体操・トランポリンの情報をコーチ目線でお伝えしていきたいと思います。

【現状報告】
緊急事態宣言解除後、高校・大学とも制限付きではありますが練習を再開しています。
大学生は4月の全日本選手権、東グループ選手権、高校生は5月の関東予選に向け練習に励んでいます。今後は練習の様子などもお伝えしていきたいと思います。

現在、練習風景や試技会の様子をオンラインでお伝えできるよう準備を進めています。
(大学4年生の卒業記念で、オンライン放映備品を寄贈して頂きました。)

【巣立ち】
3月23日、記念館で大学卒業式が挙行されました。
午前・午後2部形式で開催されたため、全員集合することはできませんでしたが、卒業生部員が式典終了後蝮谷体育館に挨拶に訪れました。

器械体操・トランポリン計10名の大学卒業生の皆さん社会でも頑張ってください!
(Shuto)