自己紹介

初めまして。本日よりリレー日記に参加させていただきます、法学部法律学科1年の森千紗(モリ チサ)と申します。以後宜しくお願い致します。

今回は初めてのリレー日記ということで自己紹介をさせていただきます。

幼い頃より体を動かす事が好きだった私は、体操やテニス、野球を始めとした様々なスポーツに触れながら育ちました。体操との出会いは、母に連れられて地元の体操クラブに行った事だと記憶しております。私の通っていた所は週に1〜2回の練習しかありませんでした。そのため、私の中での体操クラブの位置付けは、技術の向上という主目的の他に、受験勉強の息抜きといった面がありました。緩く習っていた体操を競技として真剣に取り組んでみたいと思い、中学受験の志望校を「体操部がある学校」に絞って探し始め、ご縁があって慶應義塾湘南藤沢中等部に入学いたしました。

体操部に入部して初めての部活に、そして初めて触れた段違いや平均台にとても感動し、中等部・高等部と6年間も体操に打ち込めることを嬉しく思ったことは今でも覚えております。始めの頃は自分の技術が向上していくことを純粋に楽しんで、仲間と切磋琢磨し合う環境を幸せに思いながら活動していました。しかし、ずっと真剣に体操という競技に向き合ってこられたかというとそうではありませんでした。途中から自分が数少ない体操経験者であったという状況に甘え、自分の練習よりも他の人の技の補助やアドバイスに回ってしまいました。人の技をみるという経験は凄く大事であると思うのですが、部活は競技力向上の場である以上、それに感けて自らの技術の向上を差し置くべきではありませんでした。

高等部に進学し、中学の反省を生かして意識を変えて自分の練習を大事にするようになってからは、練習がとても楽しく、また週毎、或いは練習毎に立てる目標の大切さを感じるようになりました。コロナ禍においてももちろん大会が無くなる等の悔しい思い出もありますが、その事以上に得たものが多くあり、とても有意義な部活生活を送れていたと思っております。

藤沢中・高時代に1回行けるだけでとても嬉しく幸せであった、私にとって特別で憧れの場所である蝮谷体育館に毎日のように通っている事が今でも少し信じられません。自分で続けることを選択し続けた体操を大学4年間、初心を決して忘れずに謙虚に誠実に、直向きに体操に取り組む所存ですので、是非ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

拙い文章となってしまいましたが、以上で本日のリレー日記を終了させていただきます。ご精読ありがとうございました。